1. トップページ >
  2. 講座紹介 >
  3. ”農”を生かした地域活性化~県立大学の活動&研究取組紹介~

文字サイズ標準大きく

講座 - 詳細 -

令和元年度くまもと農業アカデミー各講座内容

コース

Ⅵ特別講座

講座番号

23

講座名

“農”を生かした地域活性化~県立大学の活動&取組紹介~

定員

50名

開催日

令和2年1月22日(水曜日)

申込締切日

令和2年1月 8日(水曜日)

開催時間

午後0時30分受付開始 午後1時から4時35分まで

開催場所
(会場名)

熊本県立大学 CPDセンター

開催場所の
住所

熊本市東区月出3丁目1番100号

開催場所への
問合せ先

熊本県立大学 地域連携政策センター

電話番号096-321-6612(直通)

優先する
受講者の条件

県内の意欲ある農業者

担当講師

熊本県立大学環境共生学部
①教授 堤裕昭氏、②准教授 友寄 博子氏

講座の狙い

熊本県立大学の研究取組の中から、農業者向けの話題を紹介する。

講座の概要

【第1部】
マイクロバブル発生装置で作成した高濃度溶存酸素水が園芸作物の栽培にもたらす驚異の効果についての解説。
(1)講演 「マイクロバブル発生装置で作成する高濃度溶存酸素水の特徴と、
園芸作物の栽培に及ぼす効果」
(2)マイクロバブル発生装置の実演とパネルディスカッション
テーマ「マイクロバブルをいかに農業で使いこなすか?」

【第2部】
(1)講演「あなたが作る作物に機能性表示してみませんか?」
現在日本の食品表示制度には、食品(食品に含まれる成分)がどのように体に良いかを具体的に表示できる制度があります。さらに、農水産物でもその表示は可能です。本講演では、具体的な表示の仕方から、大学での基礎研究への応用まで説明します。

講座の時間配分

開会           13:00
 挨拶・説明

 

講義開始         13:10
【第1部】
 講演          13:10〜14:20(70分)
 実演とディスカッション 14:20~14:40(20分)
休憩           14:40~14:50

 

【第2部】
講演           14:50~16:20(90分)

 

【質疑応答・意見交換】  16:20~16:35

受講上の注意

・集合時間厳守。
・できるだけ乗り合わせや公共交通機関をご利用ください。

受講料

無料

受講の可否
について

メールまたは郵送にて、開催日の1週間前に申込者に通知します。

 

熊本の農業者の新たな学びを応援する くまもと農業アカデミー