1. トップページ >
  2. 講座紹介 >
  3. 農業と福祉の連携講座(座学・ほ場実習)

文字サイズ標準大きく

講座 - 詳細 -

令和元年度くまもと農業アカデミー各講座内容

コース

Ⅶ 地域活性化

講座番号

34

講座名

農業と福祉の連携講座(座学・ほ場実習)

定員

10名

開催日

令和元年8月27日(火)
9月10日(火)、26日(木)
10月8日(火)、24日(木)
11月5日(火)、19日(火)
(計7回)

※受講にあたっては、全7回とも受講していただく必要があります

申込締切日

令和元年8月13日(火)

開催時間

13時00分受付開始
13時30分から16時30分まで

開催場所
(会場名)

農業大学校 研修交流館又は自啓館第1研修室 及び ほ場

開催場所の
住所

合志市栄3805番地

開催場所への
問合せ先

農業大学校研修部 電話番号096-248-6600(直通)

優先する
受講者の条件

農業に参入済み、あるいは、農業への関心が高い福祉施設職員(職業指導員・支援員等)、または、特別支援学校における作業班指導職員に限る

担当講師

元・熊本県立農業大学校新規就農支援研修
非常勤講師  田中 輝夫 氏

講座の狙い

農業と福祉の連携を図り、障がい者の特性を理解した福祉施設職員等を対象に農業の知識や技術を提供することで、障がい者の農業への就労を支援する。

講座の概要

全7日間の日程で、講義及びほ場実習を通じて秋野菜づくりの基本について学ぶとともに、演習を通じて自らの栽培計画を作成する。

【講義】
  ・野菜づくりの基本作業
  ・作物別の栽培方法

【ほ場実習】
  ・栽培作目:バレイショ、ミニチンゲンサイ、リーフレタス
  ・①基肥・播種・定植、②管理作業(除草、間引き、病害虫対策)、③収穫・調整
  ・障がい者が作業することを想定した農作業の検討

【演習】
  ・現状の問題点の洗い出しと共有化(畑の立地や作業に関する悩みごとを持ち寄る)
  ・よろず相談(作物選定、経営指標、労働時間、農地法など)
  ・作付計画書の作成
  ・実践者からの助言

 

講座の時間配分

【初日】
 開会      13時30分
  (挨拶・説明)
 演習      13時40分~14時00分
 ・現状の問題点の洗い出しと共有化
 講義      14時00分~14時50分
 ほ場実習    15時00分~16時30分
 閉会      16時30分

 

※2回目以降は、講義、ほ場実習及び演習を、適宜、組み合わせて実施します。    

受講上の注意

受講にあたっては、全7回とも受講していただく必要があります
・集合時間厳守
・畑作業ができる服装、靴、帽子、水筒など準備の上、参加してください
・既に農業を始めている事業者におかれては、畑の立地、作業、うまくいかず困っている
 こと(病害虫、生育不良など)の状況がわかる写真等を持参してください。
 (ワークショップや個別相談の材料にします)

受講料

無料

受講の可否
について

メールまたは郵送にて、開催日の1週間前に申込者へ通知します。

熊本の農業者の新たな学びを応援する くまもと農業アカデミー